×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2014年3月9日(日)

北条町(北条鉄道) → 法華口 ◆

子ザル駅長が可愛すぎて寒いのを忘れていたんですが、子ザル駅長と離れたらさういえば寒かったんだと、現実に戻った気分です。
カレーせんべいの思い出まで、よみがえってきましたよ【笑】
そんな思いを断ち切る意味でも、法華口駅に期待したい!!
そうなんです、この法華口駅は、ボランティア駅長さん自らパンを製造し販売され、駅の中で焼き立てをいただけるオアシスのような駅
楽しみだなぁ!
北条鉄道を引き返し、法華口駅までやってきました。



法華口ときいて、お魚の「ほっけの開き」を想像してしまうんですが、とんでもない!!
法華山一乗寺の最寄り駅として法華口という名前なのです。
しかし法華口駅から一乗寺までは確か結構な距離があるんですよ。

その一乗寺の三重塔が法華口駅前にやってきました・・・
うそぉ?前来たと時、こんなのなかったよ???



ホームは前に来たときと比べても相変わらずですね。
軒の木組みや、作りがとても味があっていい感じです。




ホームの端っこには、今度は新しく植樹された枝垂桜の木があります。
いいですね春になるとはらはら桜散る、桜吹雪の中を列車が走る姿。
楽しみです。



寒いついでに、表も撮影しておきます。



私この時、S.nagataさんが言った言葉の本当の意味を理解しました。
三重塔があるっていうから、私てっきり、待合室の中にそれらしい模型があるのかなって・・・・
なんだ、とんでもないよ、これ結構大きいよ!!
しかも作りを良く見ると細かいところまで忠実に再現してあるし、本物やん!!
すごい作品ですねぇ。



これだけ見ると、カフェの入り口ですね。
駅の入り口なんですよ。



改めて中に入るとストーブがすごく暖かくて、ほっとしました。
おなかも減っていたので、おいしいパンも温かいコーヒーをいただきます。
わざわざ温めてくださり、焼きたてのようにおいしかったです。



そしてパン生地ですが、米粉を使っているので、もちもちしてやわらかいのです。
この弾力。



私、極まれにシフォンケーキを焼んですが、薄力粉と米粉を半々にするとすごくやわらかいのが焼きあがります。
その分、焼き上がりに逆さにして冷ましても、すぐに嵩が落ちてでしまうんですね・・・
パンだといけるんだなぁ。
いやいや、素人のクッキングと、プロ腕のパン職人さんを比べるなんて愚かだわ。
とにかくおいしいパンです。
写真左の「法華口駅のさくら」は駅長さんイチオシのパンだそうです!
桜の風味が口いっぱいに広がる、桜餅のような味わいのパンです。



ここから、本当に気さくなボランティア駅長さんとお話スタートです。
たまたま駅に居合わせたバイクのライダーさん、その後にこられたライダーさん、そして取材でこられていた記者さん。
あの空間が自分の家のようなアットホームな感じで、誰とでも何の垣根もなく会話できる、すごく楽しい空間でした。
楽しくて楽しくて、2時間があっという間に過ぎました。

そうそう駅ノートです。
遠くから10時間かけてきて足跡を残されたS.nagataさん、すごいよ!
さすが全国区で活躍中の駅ノート絵師さんですね!
イラストも可愛いです。



私からS.nagataさんお伝えすることは・・・・
「法華口のパン、マジうめぇ、S.nagataさんの分まで頂きましたよ、次は是非食べてみてくださいねぇ!」
と、叫んだところで、そろそろ列車が来る時間。
私も駅ノートを描く人だって事を、カミングアウトしてしまった手前、ただでは帰れないよ。
本当ならこっそり貼る予定で描いてきたイラストを、思い切って駅長さんに手渡しすることにしました。



お好きに使ってやってくださいとお伝えしましたら・・・facebookでご紹介されててびっくりです★
えきのてのリンクまでしてあり、ありがとうございました。


法華口駅ボランティア駅長さんのフェイスブック
https://ja-jp.facebook.com/hokkeguchi


法華口駅の情報から、日々移り行く出来事が綴られた日記です。
えきのてオススメのおいしいパンです。

法華口(北条鉄道) → 粟生(神鉄) → 鈴蘭台(神鉄) → 有馬口(神鉄) → 有馬温泉 ◆

17時前の列車で法華口を後にします。
法華口駅で十分に温かい思いをしたのですが、この後、有馬温泉に立ち寄ります。

粟生から神戸電鉄に乗り換えます。
神戸電鉄は、これ新車かな?
新しいヤツがきました。



鈴蘭台駅を経由し、有馬口駅で乗り換え、有馬温泉駅まで着ました。
少しだけ小雨が降っていますが、それほど気になりません。
有馬温泉駅では、左右反転したような面白いのが撮れました。



よるの温泉街は風情があっていいですね。
暗闇に立ちのぼる湯気、ホテルの灯り、ライトアップされた街並み、なんともいえない感じがします。
ワクワクしますね。



前回は有馬温泉イチオシの金泉に入りました。
でもすごく混雑しました。
今回はここはパスし銀泉に入ることにします。



温泉寺の横を過ぎ、温泉が湧き出す泉源の横を過ぎ、銀泉に到着です。




銀泉はラジウム泉と二酸化炭素泉の混合です。
二酸化炭素泉は、所謂、炭酸泉という泉質で、低温だとサイダーのように肌に炭酸の泡がつくのです。
でもここは高温の温泉なので気泡はありません。
PHも中性ですので、単純温泉のようなさっぱりする泉質です。
人も少なくのんびり温泉を楽しみました。

有馬温泉(神鉄) → 有馬口(神鉄) → 谷上(神戸高速) → 三宮(阪神) → 尼崎(阪神)→ 大阪難波 ◆

帰りはうとうと眠り名から帰宅です。
三宮でどうしてもラーメンが食べたくなったので、ちょっと下車します。
元町ラーメンさんで、鶏豚骨ラーメンを頂きました。
これがすごくおいしい。



今回の旅は、何より温かい旅でした。
一人旅だと、ほとんどが個人プレイで人と干渉する事もあまりないのですが、こんなに温かく感じたのは久しぶりかもしれません。
子ザル駅長もかわいかったし、温泉も良かったし、何かと癒されました。
近場でこんな楽しめるなんて。
関西の来られたら、アットホームな北条鉄道はえきのてオススメです。