×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2013年2月27日(水)


新今宮 → 関西空港 → 新千歳空港 → 美々 ◆

2013年2月吉日。
それは突然のことでした。
会社の都合で、あろうことか退職に追い込まれてしまいました。
売り言葉に買い言葉、社員をそんなに軽視する会社なんて行く末が知れている!!
という事であっさり退職し、気晴らしに北海道旅行してやろう!!

さて、北海道旅行するにあたって、今回は北海道の駅めぐり達人のアカネ^^さんに連絡し調整。
さらに、えきのてで相互リンクをしているサイトNine Tailsの管理人、篠原くれんさんとも調整。
結果、うまく都合もつき今回は直接お会いし、旅の手助けをしていただけることになりました。

して、2013年2月27日、旅当日。
朝一5時台の列車に乗り、大阪環状線新今宮駅より南海電車に乗り換え、早朝の空港急行関西空港行きで関西空港に到着。
ここまでは何の問題もなし。
搭乗するのはPeach航空のMM101便。
7時発なので、さっと手続き済ませるか・・・と出発ロビーに向かうと。
Peach航空の文字だけがない!!えっ、なんで?

案内所で聞くと「Peachは第二ターミナルビルの第二滑走路ですね。」との事。
さらに「ここからバスで行ってください!」

なに〜〜!?
間に合うのか、私!?

すぐさま出発ロビー反対側のバス発着点に向かい、運よく停車中の第二ターミナル行きバスに乗車。
もうこの際、余計なことを考えないために、時計は見ないでおこう

第二ターミナルビルに着いた私。
自動チェックイン機械でチェックインするも時間切れでチェックインできず!
この時、頭の中には、北海道の千歳空港で待たせているアカネ^^さんとくれんさんになんて言い訳するか・・・とか考えていました【笑】
「いやぁ、飛行機が人身事故で・・・」
「いやぁ、家出るときに宇宙人が攻めてきて・・・」
「いやぁ、大阪、台風で・・・」
そんなんどうでもいいよ!
とりあえず、窓口で事情を話すと、すぐに手荷物検査に案内してくれ、ぎりぎりセーフ。
なんとか7時の飛行機で関空を出発しました。
めでたし、めでたし。

さて、千歳空港でアカネ^^さんとくれんさんと合流し、初めてなので軽く自己紹介など。
お二方とも、私の想像通りの方でした★
アカネ^^さんなんて、そのまんま、アカネ^^さんでした【意味深】
それで、くれんさんの車に同乗し、日高本線の駅めぐりを楽しみます!!

最初に案内していただいたのは千歳線の美々駅。
その前にこの旅でお世話になる、くれんさん!
の車。



美々駅ですが、くれんさん曰く、空港に程近いのですが実際には空港ビルの反対側にある為、アクセス駅にはならないとの事。
もちろん、無人駅です。
ちなみにいうの忘れていましたが、北海道は寒いんよ。





美々 → 浜田浦 → 汐見 → 大狩部 ◆

美々は小手調べ的な感じで寄ったという事でした。
まぁ、私も駅めぐりを長い事としているんで、この程度ではまだまだ!!
これから日高本線沿いを走ることになります。
道中は、普段は駅ノート上やネット上でしか交流の対もの同士、私に対する質問やらで盛り上がります。
一番びっくりしたのが、「生の関西弁ですね」というアカネ^^さんの一言。
実は飛行機の中で「言葉通じなかったらどうしよう」とか考えていて、「大阪弁は控えよう。」という誓いを立てた私でした。
残念ながら、会って1時間もたたないうちに、崩れ去りました。
まぁいいや★
なんだかんだお話しているうちに、浜田浦駅に着きました。
この駅は日高本線の中でも、下車してみたい駅のひとつでした。




おっ、これが待合室?
なんだかただの廃墟じゃないですか!!
駅ノートもありましたが、今回は一言メッセージだけで、イラストの記入はなしです★



続いて、日高本線の汐見駅にやってきました。
この駅の名物は、待合室の中にあるソファー!
関西の駅で待合室ソファーが置いてある駅なんてありません。
あっても冷たいプラスティック製のベンチ。
なんだこの待遇の差は!
待合室のソファーの写真は、アカネ^^さん、くれんさんが映りこんでいましたので、ここでは割愛します。
こんなところで顔を晒してしまうと、お二方の元にラブレターがいっぱい届くと大変ですからねっ【笑】




キャッキャ騒いでいると、そこに苫小牧方面に向かう日高本線の列車キハ40が到着しました。
ここぞとばかりに写真撮影タイム!
くれんさんは、キャノンだかニコンだか忘れたけど、すっごいいいカメラをお持ちで・・・




駅ノートを見てみます。
ノートのケースにけいおん!の麦ちゃん?のマスコットが付いています。
えきのてに相互リンクさせていただいている○○どうでしょう 〜 How do you like 00? 〜のかぶじろうさんの設置されたノートかな?
にゃー、かわいい!



こちらは去年10月末にアカネ^^さんが訪問された際に残されたイラスト。
すっごくかわいいです!



そうこうしていると、今度は鵡川駅で交換した様似行きの列車が到着しました。



次は大狩部駅に訪問です。
この駅も私が訪問したかった駅のひとつ。
駅の反対側はすぐに広大な海が広がる駅なのです。



ホームから見える海の180度パノラマ画像です。

(画像をクリックすると大きく表示されます。)

駅看板と待合室。



駅の入り口。
3ナンバーのくれんさんの車で、ミラー横に少し余裕があるほどの幅です。



駅待合室はブロック造りの、味気ないもの。
中は落書きだらけ・・・
駅ノートもなし。



景色がいいので良しとしましょう!



大狩部 → 春立 → 絵笛 → 様似 → 節婦 ◆

大狩部を出発し、確かこのあたりでお昼ご飯を食べたような気がします。
北海道に来て、初めての食事は、ヴィクトリアステーション静内店で食べた日替わりランチだったような・・・
あれ、春立の次だったっけ?
というわけで、うろ覚えですが春立に着きました。




駅舎は綺麗な家のようです。



春立駅はちょっと寄っただけで、先に進みます。
次はこの日高本線駅めぐりで一番行きたかった駅!
絵笛駅です。
駅前は牧場で馬は放牧されているとか・・・
こんな雪の中いるかな??

いたぁ!
馬だ!!



こっちに寄って来たよ!
うはぁ、かわいい!!



あたま、なでなで!
癒されるなぁ・・・
ほんとかわいいなぁ・・・



くれんさんは、あまり馬に興味ないのかな?
アカネ^^さんはそこらへんに落ちている干草を馬にあげてるし・・・【笑】

そうそう、駅めぐり!
絵笛駅の周りには、牧場が広がっています。



絵笛駅のホームに上がります。





物置ではなく、絵笛駅の待合室です。
綺麗なブロック造りです。
中は結構荒れていました・・・



駅ノートがありましたが、こちらも結構荒れています。
全国区の駅ノート絵師さんのS.nagataさんのイラストが残っているか楽しみにしていましたが、残念ながらありませんでした。



2012年10月末のアカネ^^さんのイラストが残っていました。
おっ、背景描き込まれている!
結構時間かかったんじゃないですか?



アカネ^^さんのイラストと同じアングルで撮影し、絵笛駅を後にします。



絵笛駅を後にし、日高本線の終点、様似駅に着きました。
有人駅で、町の中にある駅でした。





この駅は1面1線の駅ですが、奥に引込み線が1本あります。
機関車の機回し用の線かなと思っていましたが、線路の先はありません。
昔は本線に本線に復帰するポイントがあったのかもしれません。



鉄道ネタはあまり得意ではないのでこれくらいにしておいて、私のカメラ遊び。
駅看板を見上げたり、太い毛書の「さまに」の文字を撮ったり、どう見ても手作りの観光案内書の看板を撮ったりします。




いよいよ夕方。
今朝、大阪の自宅にいたのがうそのようです。
帰り道、様似にある親子岩があまりにも綺麗だったので、運転手のくれんさんに無理言ってとめてもらいました。
夕陽の双子岩が本当に綺麗なんですよ。
私、感動しました。





日高本線を戻る途中に、もう一駅拾います。
節婦駅。
有名な「せっぷ岩」がホームにあります。



せっぷ岩だ!!




ホームは以前は島式ホームで、その名残の構内踏切跡が残ります。
駅舎は新しく、線路を撤去した跡地に立っていました。



ほんとあっという間の一日でした。
この後、3人でどこかでご飯食べようということで、さらに来た道を戻ります。