×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2014年4月5日(土)

大阪梅田BT(4月4日22:35発) → 松山一番町(6:05着) →(徒歩)→ 松山(6:22発) → 伊予市(6:43着7:20発) → 下灘(7:53着) ◆

四国を走る新幹線顔のホビートレインに乗りに行こう!
そう思い立って、今回の旅を計画しました。
ところがその2週間程前より、あろうことか風邪を引いてしまい、仕事も休めずにだましだまし毎日を過ごしていました。
「風邪なんて1週間で治るだろう!」と、完全になめてました。
咳込む風邪恐ろしい・・・油断してるとすぐぶり返し悪化します。
むせ込むと止まらない空咳に苦しみながら、結局治っては悪化しの繰り返しで旅当日を迎えてしまいました。

体調がいまいちなので中止にしようと思っていましたが、当日はすごく調子がよく朝から仕事も快調!
「よし、この調子なら大丈夫!」そう思って旅に挑んだのでした。
夜行バスで大阪梅田より松山に向かいますが、薬もよく効き、夜行バスの旅は快適です。
眠っている間に松山一番町につきました。
目覚めると、うそのように体が軽く、ぜんぜん平気!
「やったー!風邪、完全に治った!」
気分も軽く、時間も十分にありますので、バス停から1キロほどはなれたJR松山駅まであるいて向かいました。

早朝の松山駅です。



特急宇和海の2000系特急車両が出発をまっています。
JR四国の車両は他のJRと違い、ちょっと特殊な車番を持ちます。



松山駅のホームにある昔の洗面台跡。
今はふさがれて喫煙コーナーになり、鏡だけ残っています。



JR貨物のEF65-2076とこれから乗車するキハ32-10。
このキハ32に乗車し、本日最初の目的地、下灘駅を目指します。



いきなりキハ47と交換です!
JR四国のキハ47は、2014年現在どんどん数を減らしています。
それまで牟岐線や高徳線、鳴門線でよく見ましたが、いまや新車に置き換えられ貴重な存在になりました。



向井原駅を過ぎると、すぐに線路が分岐します。
左が内子線、右が予讃線です。
内子線は特急が通る山側のコースで、トンネルで抜いて内子駅を通り、伊予大洲駅に抜けるコースです。
右側のコースは海側を通り、同じく伊予大洲駅に抜ける、予讃線です。
下灘駅は、右の海側を通るコースに進みます。



海沿いのコースは伊予灘を一望しながら進み、やがて下灘駅に到着しました。
朝8時前、下車したのは私だけ、またもや貸切の下灘駅!




私個人的には、下灘駅のこのアングルが一番好きです。
実際は高台にある駅なのでホームの下はすぐ海ではなく、道路があるんですけどね。
それでもこのアングルは、海に繋がるように見えるので、好きなのです。



ちょっとずらした角度で。



地元の方にお手入れされ、プランターに植わった花がすごくきれいに咲いています。
葉牡丹とベコニアかな。





駅看板と木の電柱。
木の電柱はかなり年季の入ったもので、この辺りの線区にはまだ多く残っています。



ホームの上屋根と木のベンチ。
男はつらいよのロケ地で、寅さんがこのベンチに寝転んでいるシーンがあります。
ベンチは、ペンキが塗られてお手入れされていますが、そのまま残っています。



パノラマ写真を撮ってみました。
よく見るとこの駅は島式ホームで片方の線路がホームと同じ高さまで埋められています。
駅舎側にも白線の後が残っていて、今も当時の姿を少しとどめています。
また写真左に、台形型にコンクリートが盛られた部分があります。
結構年季が入っていて、なんとなく不自然に見えますtが、おそらくここに貨物用の引込み線があったのでしょう。

(クリックすると、大きく表示できます)


駅舎の中です。
窓口がありますが使われた形跡はありません。
その前に置かれているのが「ウッフッフ」と描かれた駅ノートとそのバックナンバー。




寅さんの当時のロケ写真が展示されています。
写真を見る限り、今とは違う昔の駅舎で、島式ホームだった事がうかがえます。
また海側に車止めが映っており、もう1本、引込み線があったようです。



駅の外に出てみます。
駅前は広くなく、道路が1本あるだけです。
ぎりぎりまで引いて、駅舎を撮影します。



くすんだグリーンの小さな駅ですが、すごく味があります。
海沿いの駅にぴったりの色合いです。
残念ながらお天気はいまいちでしたが、晴れの日ならもっと映えるでしょう。



駅ノートを描かせていただきました。
ホームは前回描きましたので、今回は駅舎を描かせていただきます。
駅舎の色合いが、なんとなくほわほわーっとした感じなので、そんなイメージです。



駅ノートを描いていると、地元の人が車で来られました。
駅の管理をされている方だそうで、少しお話をさせていただきました。
寅さんの撮影当時の事、昔の駅舎の事、ホームのつくりとか、貴重なお話をうかがう事ができました。
最後に下灘駅のスタンプをたまたま車に積んでいるとの事で、押させていただきました。
これまで何度もこの駅に来ていますが、スタンプを押したのははじめてです。

松山行きの列車が入ってきました。
予讃線のこの線区は単線なので、この列車がどこかの駅で交換しない限り、宇和島方面行きの列車は入ってきません。



列車を見送り、しばらく待つと宇和島方面行きの列車が入って来ました。
2時間と49分滞在し、下灘駅をゆっくり満喫しました。

下灘(10:42発) → 伊予大洲(11:22着13:10発) → 宇和島(14:35着) ◆

下灘駅を出て、喜多灘駅に着きました。
ホームの桜がお見事です!
思わず下車したくなる衝動に駆られましたが、今回は新幹線顔のホビートレインに乗るのが次の目的。
ここはがまんがまん・・・・



この頃、少し悪寒がしました。
あれ、風邪またぶり返したのかな?
みるみる体調が悪くなり、熱っぽく感じます・・・これはアカン!
あっ、でも綺麗な景色・・・春やなぁ。



菜の花みたいなのも綺麗に咲いているし、きれいやなぁ・・・



北宇和島駅では、私がこれから乗ろうと思ってる新幹線顔のホビートレインと交換します。
あっ、まさか、ダイヤ違えたか!?



いや大丈夫、これは近永駅行き。
近永駅で折り返し宇和島駅に戻ってきたのに、私が乗車するのでした。
それにしてもシュールですわ・・・

列車は終点の宇和島駅に到着しました。
体調はというと、旅を続けるレベルではないほどに、もう最悪です。



悪化してきました。
とりあえず、何か食べないと・・・・
こういう時、即エネルギーのおうどんと、腹持ちのいいご飯をセットでを頂きます。
仕事のランチで食べる、うどん+かやくご飯の「うどん定食」って最高の取り合わせなのですね。



風邪薬と熱さましのお薬を服用し、少しだけ楽になりました。
今まで旅先で体調が悪くなったのは何度かあるので、こういうのもなれているんですが、
この先、旅を続けるかどうかは、ちょっと迷います。
というのは、ここで旅を取りやめて引き返そうにも、ここ宇和島駅は、大阪から一番遠いところなんですね。
よりによって、この場所で・・・さぁどうしよう???